肩甲骨と花粉症の関係

みなさんこんにちは!
前回「春になり、ゆるむべき肩甲骨がスムーズにゆるまない事で引き起こす症状の一つが花粉症」とお伝えしました。

そこで、もう一歩細かく分けると…
右の肩甲骨が硬い場合→目に出る花粉症(目のかゆみ、涙など)
左の肩甲骨が硬い場合→鼻に出る花粉症(くしゃみ、鼻水)

くしゃみ・鼻水・涙などが出るのは肩甲骨にたまった毒素を出そうとする現われです。本格的な春のシーズン(3月)をむかえる前に肩甲骨の際と背骨の間の周辺をほぐす事をオススメします。
直接もみほぐす事も有効ですが、ミネルバでは「タラソ脊柱ケア」もオススメしています。

タラソとは海洋療法
海の泥は毒素を吸着させる性質をもっています。その海の泥のパックを背骨に沿ってあてていきます。
2013-02-15_21.30.34
すると不思議な事に…
このようにその人の身体の状態を現すかのように、まっすぐに引いたパックがいろんな広がりをするのです!
この写真の作品はスタッフのKさん
首の緊張と便秘がひどいのかしら…??

背骨だけなのに身体全体がホカホカとあったかくなっていくんです!!!

さぁ、あなたの作品はどのような形になるでしょう!

Minervaより投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です