毛髪ダメージの本質

夏から秋にかけて髪のダメージが特に気になるという方が多くなってきます。

 

そもそも髪の毛とは脳を守るため、暑さ・寒さや直射日光からの保護、衝撃を受けた時のクッション的な役割や

人体に必要のないものを毛髪中に取り込み、体外に排出をしています。

 

また多く水を含んでも吐き出すという特殊な能力があるため、腐ってしまう事もなく3000年前

のミイラの髪の毛でもカラーリングができるくらい丈夫なのです!!!

 

髪の毛が傷むのはパーマやカラーをするから・・と思っている方も多いと思いますが

これはほんのきっかけにすぎません。

 

image-7

 

 

実はダメージを進行させてしまうのがお家でのシャンプーにあるんです!!

お湯の温度が高すぎたり、こすり合わせて洗ってしまう摩擦やシャンプー剤の選び方など

ちょっとした事を変えるだけでも、ダメージの進行を防ぐ事ができます。

 

そして美髪は『サロンケア』と適切な『ホームケア』によって成り立ちます。

 

つや髪はお肌に透明感を与えてみせてくれますので、本物のヘアケアを体感してみてはいかがですか?♡

 

石川県野々市市の美容室HANABUSA二日市店より投稿