季節のカラダ 骨盤バージョンその②

春到来!!
暖かな日中の日々となり、随分と過ごしやすくなってきました。
そして、それと同時にお客様もある症状でお悩みの方も増えてきました。

それは…

“腰痛”です。

骨盤バージョンその①でもお伝えしたように、春より骨盤が緩み始め、骨盤が開かれていくという自然現象が起こっています。
ただ、連日の疲れ・眼精疲労・冷え・緊張・睡眠不足・肩こりなどが蓄積されていけば、骨盤周辺の筋肉や骨格が固まりやすく、緩ませようと思っても緩まりにくく、でも骨盤は開いていきたい…
そんな葛藤があるのではないかと感じます。その一つの表現が腰痛に繋がっているようにも思います。

というのも、このような方の共通している事は
「足首のかかとが硬い&冷えている」

足首には…
踵内側には子宮の反射区があり、外側には卵巣の反射区があります。
内くるぶしは内股関節であり、外くるぶしは外股関節

この周辺が硬ければ、骨盤は開こうに開けず、しまいにイライラさえ出てきます。
足首の動き方により、骨盤もしなやかに動いているのか固まっているか確認できます。

今一度、自分の内踵と外踵を触ってみて冷えていないか?押してみて痛くないか?両足とも痛みも冷えも差はないか?
もし、冷えていたり硬い方は、ゆっくりと足湯で足に血液が流れている環境をつくってあげましょう!

 

そんな方にオススメ「簡単ブリージング流ストレッチ法!」

 

「足首回し」
左足を右手で足指の間に手指を挟んで内回し36回、外回し36回と回していきます。
この時に、足指がうまく開かれず、手指が入らない場合は頭の緊張が強いのでしょう。
内回しと外回しは同じようにスムーズに動くか確認してみましょう。
キレイに大きな円を描けているでしょうか?動きはなめらかに動いているでしょうか?
DSC_1304

とっても簡単ですので、女性に不可欠なポイント足首=骨盤の柔軟性を育てておきましょう!!!

 

 

 

ミネルバより投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です